KNIT 株式会社テルタデザインラボ

 

ニットを編んで80年



職人の町、墨田区で1923年に照田メリヤス製造所として創業致しました。 大手アパレルやデザイナー・ブランドのメンズ、レディースのセーターなどニットウェアを製造してきました。 流れの速いファッション産業において90年近くニットに携わてこれたのは、伝統と革新の賜物です。 私たちは技術と目利きを持って、ニット業界の光輝く職人集団を目指しています。 

 

 

時代の変化に対応する「目利き」と「技術」



大手ブランドとの仕事で培われた経験と実績そして品質の良さは常にお客様か高評価をいただいております。
常に時代の変化に対応し、様々な要望に、工夫と技術で応えてまいりました。
同じ素材を使っても編み組織やゲージで変化するニット製品。
お客様の求める完成形を想像して「ゆるく編むか、詰めて編むか」、「ハードに仕上げるか、ソフトに仕上げるか」
その素材をどう料理するか見極める「目利きが」が「技術」と共に重要な要素です。
そのように出来た編地のストックは約数千枚。それらは多くのデザイナーのアイデアの源となってきました。
テルタ(株)では、「目利き」と「技術」によって、お客様のお気に入りの1枚を作り続けてまいります。

 

 

 

 

IKIJIのニットのこだわり



IKIJIのニットには、IKIJI独特の個性的なデザインが映える編地作りと、手に取った時に、素材感を味わってもらいたく、
原料の選定に吟味しています。
そのため1種類の糸だけでなく、数種類の糸を組み合わせて作る製品もあります。
その組み合わせのために時間と手間をかけて多くの試作品を重ねております。
技術、目利き、手間が詰まった商品を長く美しく楽しんでいただけたらと思います。 

 

 

 

 

  

株式会社テルタデザインラボ



1923年、創業者、照田政雄により本所林町(現在の墨田区立川)に「照田メリヤス製造所」創業。
多くのアパレル、デザイナーブランドの仕事を通して技術を磨き、業界内で「技術のテルタ」と知られる。
2014年、オリジナル・ブランドの製造、販売に特化するため(株)テルタデザインラボ設立。

〒130-0011 東京都墨田区石原2-5-8 大石メリヤス(株)内2階